■トランペットの吹き方にどうしても必要な「ある事」!

■信じられないかもしれませんが、これからする話は実話です。

「全く上達しない。やっぱりトランペットの才能ないのかな・・・」
バンドの練習で個人練習をしていたBさんが暗い顔をしてポツリと座っていました。

このBさん、バンド内では中年、中堅のメンバーでトランペットの経験年数は実に20年以上。

しかしどうしてもある一線を越えられずにいるために、華やかなソロ曲や主旋律を担当する1stパートからは縁遠い人の一人だった。

しかし本人は実に研究熱心で、トランペットの吹き方する機関紙の一部をスクラップにして保存してたり、技術に関する書籍を集めたりしていました。


1月の終わりごろ、突然電話がかかってきて、「オレ、トランペットに向いてないのかな。やめようかな」て言うんです。


いろいろ聞いていると・・・


楽団恒例のニューイヤーコンサートの打ち上げにてトランペットの吹き方の話をしている時に若い楽団員に

「Bさんってあんまり上手くないけど豆知識はあるんだぁ〜」

と言われたというのである。

Bさんは「バカヤロ〜!」と言ってその「場」を盛り上げて帰ったらしいが実は・・・・
とても傷ついたようで・・・・
電話で前述のような事を私に言ってきたのだ。


私は何だかBさんが可愛そうになって、

私:「だったら舌突きを「トゥ」でやってみたら?」

Bさん:「えっ?舌突きだったらオレもそうしてるよ」

私:「いや、Bさんのは多分違うよ。とにかく僕の言う通りにやってみて」

と、トランペットの吹き方の他に練習方法も教えてその日は電話切りました。


そして次の日、


Bさん:「いや〜昨日お前に言われた吹き方通りにやったら何かいいカンジだったよ。オレ、もしかしたら上手くなれるかもしれない。本当にありがとう。なんで今までこんな事に気がつかなかったのか。」と電話を頂きました。



・・・・・あれからBさんはどうなったでしょう?・・・・言う必要はありませんよね。






ここをクリック
↓↓↓↓↓
トランペット 吹き方

■告白すると・・・・

実はトランペットを「鳴らす」のはとてもカンタンなのです。

実はトランペットの音をコントロールするのはカンタンなのです。


ある事さえ知っていれば・・・


こんにちは。自己紹介が遅れてしまいました。里屋万作と申します。

昔、プロのマネゴトのようなことをしていました。


今回この情報を公開した理由は

トランペットの吹き方で悩み、苦しんでいるあなたを自由にしたい」

「今、トランペットをやり始めた方に真っ直ぐに上達していただきたい」

トランペット上達する事によってバンド内でのあなたの存在感が増幅し、人間性が更に向上し、仲間と共に演奏する素晴らしさ、トランペットを自在にコントロールする素晴らしさを実感して頂きたい」


と言う事なんです。


「そんなにカンタンに上手くなれるなら苦労はしないヨ(;_:)」




今まさに、トランペットの吹き方で苦しんでいるあなたにしてみればそう思うのは無理のないことでしょう。

やはり、大抵のひとは、トランペット上達法と聞けば、アーバンやマジオのようなメソッドをやる!というようなことを想像されるかもしれません。

「なんか、難しそう?」
「私に出来るはずが無い!」

こんな風に思いましたか?

確かに今まで雑誌や機関紙などに載っている有名な演奏家の方々が

「私は○○というメソッドによって欠点を克服した」とか
「○○氏のレッスンにより・・・・」

などのインタビュー記事やコラムなどがよくありますね。

しかし私がこれからお伝えするのは、そんなレベルの高い話ではなく、もっと単純に楽器をガンガン鳴らして見事にその音をコントロールする方法なんです。

「そんな方法、あるわけ無いじゃん」って、思いますか?



ここをクリック
↓↓↓↓↓
トランペット 吹き方

■こんな症状 ありませんか?

恐らくあなたにはこのような症状はありませんか?

1:バンドの演奏を録音すると自分の音がほとんど聞こえてこない

2:演奏中隣の人の音に自分の音が消されて自分の音が聞こえなくなる

3:Gの壁がある
※上のFまでは容易に音が出るけどそれ以上の音には自信が無い

4:できないトリルがある
※真ん中のB♭とC〜その上のE♭とF〜その上のFとG(3番ピストンを使う)

5:ダブル、トリプルタンギングがうまくいかない

6:他の人よりタンギングリップスラーも他の人より早く出来るがメロディーを魅力的にくのは苦手



どうですか?全て当てはまっているのではありませんか?



ズバリ言わせて頂きます。

もしこれらの問題を今まで通りの練習で解決しようと思っているのであればそれは時間のムダ使いです。


なぜなら、今までの練習、又は認識、又は勘違いによって上記の問題を抱えたのですから、それを継続しても劇的な変化は起こらないと思うからです。

熱心な方ほど「根性」で乗り切ろうとして大量の練習をこなそうとしますが、それは逆効果です。悪循環に入ります。



トランペットと言う楽器は一つ一つのステップを確実に踏襲していかないと絶対上手くいきません。



私が1ヶ月で「格段に上手くなれた」のは1日30分でも、ものすごく濃密な練習によって一つ一つのステップを猛スピードで踏襲した、いや踏襲できたと言う事なのでしょう。



でも皆、出来てないステップをそのままに「高い音」を無理に出そうとしたり「ダブル、トリプルタンギング」へと入ってゆきます。

これが大きな間違いで、せっかく上手くいきかけた土台を台無しにしてしまいます。





「それじゃあどうすればいいんですか?」



実はトランペットの吹き方には「どうしても譲れない事」があるのです。それをないがしろにするから上手くいかないのです。


ここをクリック
↓↓↓↓↓
トランペット 吹き方

■トランペットは誰でも上手くなれるのか?

「独学でトランペットが上手くなるのだろうか?」

やはり、不安でしょう。
人間、誰しも、行き詰まり、立ち止まり、悩んでいる時に新しいことにチャレンジする時は期待感がある反面、不安もあるものです。
それが、もしかしたら奏法自体を変えるかもしれないものだとしたら、なおさらではないでしょうか?


しかし、今回お伝えするノウハウはあくまで初心者でも実行できる内容です。
雑誌などで有名な演奏家の方が言っているような難解で入手困難なメソッドが必要なものではありません。

あなたがトランペットの上達に必要なもの、それは、ほんのチョットの知識と行動だけなのです。


実は私やBさんが実践した方法とは、大まかに言うと、たった2つの事を実行するだけなんです。

1、○○を○○で行う
2、○○は○○のみで行う

たったこれだけです。

この2つを理解できれば私やBさんと同じような体験が出来て、練習本番がたまらなく面白くなります。

これだけでも十分速攻で上手くなるのですが、更に技術の高みに行けるように、

●ロングトーン

●リップスラー

●跳躍

といった項目をどのように行えばいいのか?を説明しています。


これらの練習は皆さんが普段から行っていることと思いますが、どのような事に気をつけて、どのように行い、どのような結果が得られれば良いかということは案外知らない方も多いのではないでしょうか?


更に「音楽的に吹く」ことの重要さ。

またその「二つのこと」が出来ているかどうかを検証する方法。

そして「高い音」はどうやって出すか、練習するか。

更に「ダブル、トリプルタンギングの上達法」も初心、中級者の方にわかりやすく説明しています。

これらの練習の「意味」もわからずにただ吹いていてもそれは「吹いただけ」であってあなたには何の変化も訪れません。

それどころか私やBさんのように大きく回り道をする事になるかもしれません。
いや、遠回りしてもたどり着ければいいのですが・・・

練習とは頭の中のイメージ通りに「できるように」吹くのが練習なのですから。


もしこういったことを知っているだけで上達のスピードが飛躍的に上がるとしたら、知りたいと思いませんか?

周りの皆が思わず手を止め聞き入るような演奏が出来るようになるのです。

そこで私は「何としてもトランペット上手くなりたい」という方の為に私の教材「トランペット上達法」を書き上げました。


これはプロのラッパ吹きを目指しながらもなかなか上手くなれなかった体験があるからこそ10年後、急に上手くなれた時に「昔の自分はトランペットの吹き方の何を間違えていたのか、今と昔ではトランペットの吹き方の何が違っているのか」を明確に確信できたからこそ出来上がった教材です。



単純にトランペットの吹き方を述べるだけでなく、それが上手くいっているかを検証する方法も説明してますし、更なる飛躍のためにはどうすればいいのかも書き記してあります。



ただしトランペットの吹き方が良くなるための「きっかけ」に関する事以外の項目は「不要」と考え、余計な項目や説明は出来る限り省きました。

なぜなら書面(画面)による一方通行の指導は誤解と混乱を招きやすいですし、「要点が霞む」と思ったからです。




ここをクリック
↓↓↓↓↓
トランペット 吹き方

■この「トランペット上達法」の内容を知ると・・・

1:トランペットの吹き方の「絶対譲れないある事を知る事が出来ます。

2:普段の練習で、どのような事に注意しながらトランペットけば良いか、どのような結果が得られれば良いかわかります。

3:トランペット練習すればするほど上手くなっていく自分を実感できます。

4:今の「守りの演奏」から「攻めの演奏」へ劇的に変化します。

5:実力が安定しますので本番に強くなります。


つまりは自分の音楽性を120%表現できるようになるという事です。


あなたはあたりに人がいるにもかかわらず割と静かな場所にて自分ひとりで楽器の演奏をするのは何か気恥ずかしいように感じませんか?

上手になるとわかることですが上手くなるとそのような環境でこそ演奏したくなります。

そして練習をしていると「早く本番が来ないかなァ〜」と本番を心待ちになるようになります。

今までは自分ひとりで人前で演奏するのが恥ずかしく思っていたのに上手くなると人前で吹くのが「快感」になります。

楽器を持った時、不自由なままでいいんですか?

楽器を持った時、背中から羽が生えて、自由な「音楽の世界」に羽ばたいてみたいとは思いませんか?


さて「トランペット上達法」の価格ですが、あなたでしたらいくらの値段をつけますか?

千円?、1万円?、10万円?


私は昔、本当にいいものだと思ったので、全くお金はありませんでしたがローンを組んで58万円のトランペットを買った事があります。

つまり、当時の私ならこの情報に58万円は払ったかもしれません。


しかしあなたが以前の私と同様に、「とても苦しんでいる」としたなら、その胸中は痛いほどよくわかります。

そこであなたのお小遣いで購入していただける金額にしました。


目からウロコのトランペット上達法



お支払いは下記クレジットカード、もしくは振込みになります。


ここをクリック
↓↓↓↓↓
トランペット 吹き方

■Q&A

Q本当にこの教材って価値がありますか?


A:ごもっとも(汗)

例えば、プロの先生のレッスンを受けると通常30分で7〜8千円前後(先生により結構幅はありますが)です。私が網羅している内容を通常のレッスンにてマスターするにはさてどのくらいレッスンを受けなければいけないでしょうか?

プロの先生は、課題を生徒が出来ない場合、次のステップには進みません。1週間後、また同じ課題をやる事になります。

私が前述したとおり一つ一つのステップをないがしろにして「真の上達」はありえないからです。

初心者の場合、ロングトーン、リップスラー、音階、などをやるのですが例えば最初のレッスンで普通のロングトーンのやり方、次に発展系、次にロングトーンに役立つ簡単な楽曲を・・・と言うあんばいで一つの項目をこなすのに最低3レッスンほど必要になります。ということは私の教材では、8項目ほどありますから


8×3×8000円=19万2000円


が正規の値段ということになります。


これは上達の早い人の場合です。それ以外に交通費などもかかりますね。


しかもレッスンが1週間に1度だとすると24週ですから私が網羅した内容を履修するには時間的に約「半年」かかることになります。



Q:ではあなたの商材を買うのがよいのですか?



A:残念ながら私は「Yes」とは言えません(汗)

なぜなら私の教材は現役のプロの先生方のレッスンを「否定」するものではないからです。

現役のプロの先生とマンツーマンで、会話をしながら、時にはお手本を示していただいたり自分の過ちを指摘していただける通常のレッスンの値打ちは金額だけでははかりしれません。

あなたに合う方をチョイスすべきでしょう。



Q教材には何かサポートはあるのでしょうか?


テキスト内の表現でわからないところや補足して欲しい箇所などがあれば、メールアドレスを明記しておりますのでメールにてご質問いただければ回答いたします。

質問はメールのみにてお願いします。

回答は出来る限り迅速に行うつもりですが、その質問の内容や、私の仕事の事情で遅くなる場合もありますので悪しからずご了承ください



またテキストは随時内容を更新しますがその都度、最新のテキストを購入者の方へお送りします。


ここをクリック
↓↓↓↓↓
トランペット 吹き方

■なぜ、このようなマニュアルを作成したのか?

本音を申しますとこのマニュアルを執筆するにあたり、私に迷いが無かったという訳ではありません。

なぜならば、購入者がファイルを見て実践するという一方通行の指導だけで上手くいくものかどうか・・・という心配があったからです。

事実、私のところにはファイルの購入を迷っている方から時々「本当に上手くなれるんですか?」「そんなカンタンに上手くなれるなら苦労はしませんよ」などのメールが届く事があります。

そりゃそうですよね?

皆さん本当にがんばっているのですから。私がそうであったように皆さんも本当にがんばっていますし研究していると思います。

そのような人達は実は、「どのような状態が良い状態なのか」ということを本当はよくわかっているのです。

そして早くそのような状態になりたいのになれない・・・・

私自身もいろんなアドバイスを受けてきましたが私のマニュアルの内容のようなアドバイスは受けた事がありません。

私はプロを目指していたあの頃にこのようなアドバイスが欲しかったのですがプロの先生はこのような指導はしません。

なぜなら上手になる「コツ」は「自分で気が付かなければいけない。自分で気が付いて初めて自分のモノになる。自分で気が付く為の手助けがレッスン」という事をプロの先生は知っているからです。

しかし、どうしても自分で気が付くことが出来ない人も大勢いるのです。私がそうだったように。

ですからトランペットの吹き方で困っている、悩んでいる、万策尽きた!という全ての方々に読んで頂きたいと思っております。

なぜならこの教材は私の「汗」と「涙」と「情熱」が全く報われなかった事によって生まれた教材なのですから。

普通に練習して普通に上手くなっている人には必要ないかもしれませんが、もし、あなたが途中で行き詰まって立ち止まっているのならば、もしかしたら役に立つかもしれません。


ここをクリック
↓↓↓↓↓
トランペット 吹き方

■トランペットの吹き方の上達はほんの少しのきっかけから・・・

悩んでいるだけでは何も解決しません。

今のまま演奏を続けていても何も変化は訪れないかもしれません。

なぜなら上手くいかない演奏スタイルが今のあなたの演奏スタイルだからです。

その悪い流れを変えるのはあなた自身です。

自分だけで解決できない問題にぶつかった時、他人の知恵を借りるのも解決策の一つだと思いませんか?


このノウハウが、
あなたのトランペット人生に、
多大なる変化をもたらすことになると思います。

行動するかしないかは、
あなたしだいです。


ここをクリック
↓↓↓↓↓
トランペット 吹き方

トランペットの主な教則本です

 ジャン=バティスト・アーバンによる
アーバン金管教則本」が古くから標準的な教則本として用いられてきた。



アルバン自身はこの本をコルネットのために書いているが、
トランペットやコルネットのみならず
トロンボーンなど他の金管楽器の教則本としても使われている。

多くのエチュード、小曲と、
「12の幻想曲とアリア」と題した12曲の演奏会用独奏曲が
含まれている。

「12の幻想曲とアリア」の中には
『ヴェニスの謝肉祭の主題による変奏曲』など、
現代のプロ奏者の演奏会でも演奏される、難易度の高い名曲も多い。


日本ではエチュード、
小曲と独奏曲、
独奏曲のピアノ伴奏譜
の3巻に分けて全音楽譜出版社から出版されている。


* アーバン金管教本1 ISBN 4-11-548211-7 J.B.アーバン著、
 E.F.ゴールドマン、W.M.スミス編


* アーバン金管教本2 ISBN 4-11-548212-5 J.B.アーバン著、
 E.F.ゴールドマン、W.M.スミス編


* アーバン金管教本3 ISBN 4-11-548213-3 J.B.アーバン著、
 E.F.ゴールドマン、W.M.スミス編

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ここをクリック
↓↓↓↓↓
トランペット 吹き方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。